2015年6月23日火曜日

DRIVING SCHOOL(05日目)

 今日は午前中2コマ技能教習を受けることができた。

最初の時間

  超低速ジグザグ走行の練習を最初にする。
  講習前に、姪浜の車両基地近くの人通りのない道路で、我が念仏2号にて汗だくで練習したかいが
  あり、あまりふらつかなくなった。50ccのバイクでもかなり練習ができるものである。

  ただ50ccのバイクでローギアでエンジンブレーキ+アクセル+後ろブレーキで練習するとバイクに
  かなりダメージを与えている。真似はしないで欲しい。

  その後、スラローム。最初は低いコーンを使って練習。
  2~3回練習後高いコーンを使った本格的な練習。
  バイクをコカす事も無くすんなりできた。でもコーンは何本かなぎ倒した。(;;)
  講師の方に始めて褒められた。今まで一度も褒められた事がなかったので
  ものすごく嬉しい。

  その後、本番(検定)用の場所で、スラローム・平均台の練習を繰り返し終了。

  スラローム・平均台共のポイント。

    (1)ニーグリップ(ガソリンタンクを両ひざでt強くはさむ。こうする事によって車体と体の一体感が生まれる)
    (2)頭は常にセンター
    (3)視線は20mくらい先を見る

  スラロームのポイント

    (1)コーンとコーンの間のポイントでアクセルをふかす。
    (2)ギアは確かセカンドだと思ったが、忘れた。明日確認しよう。
    (3)最後のゲートはまっすぐ抜ける。

  平均台のポイント。

    (1)手前で停止->後方確認後ローギアにて始動まっすぐ渡る。
    (2)前ブレーキは使用しない



  講習終了後、教官から「そろそろ検定コースを覚えてください」と指示を受けた。

  まだまだ、現在のギアシフトが何速なのかわからなくなる事がある。要注意。


次の時間

  AT車(400ccのスクータ)の講習。

  いきなり、「これからAT車に乗ります」と教官からいわれ、自分はマニュアル車が落第かと
  心配したが、これもみんな習う事になっているようで後で安心した。

  ブレーキ・アクセルの説明。それからパーキング用のレバーの説明。

  その後、始動・停止の練習を二回。
  偉そうな事を言うようであるが、AT車はなんだか自分の手足で直接制御できていないような
  違和感があり、嫌いである。
  それに、同じ400ccのマニュアル車に比べ重量も大きさも一回り違う。

  その後、検定コースを教官の後をついて、3回回る。

  教習後、教官にコースの何処を何速でゆけばいいのか質問したが、
  立ち話でメモも取れず、残念。

  入学時にもらったコース図は単に矢印がひかれているだけである。
  あすから、コース図にびっしりメモをいれて行こう。

0 件のコメント:

コメントを投稿