2015年6月23日火曜日

DRIVING SCHOOL(14日目)

 学科2コマ、技能1コマ。

技能の後の学科は二輪の自分にはほとんど無関係ないもので、4輪の検定コース
の説明に終始していた。教官も2輪の受講者に申し訳ないと言っていた。

ただ、感じたのはつくずく四輪を選ばなくてよかったということ。
なぜなら、4コースもおぼえなくちゃダメみたいで、かつ一般道での検定。

絶対自分は合格できない。

続いて技能。

始めての教官であった。最初から「急制動連続4回せよ。」の指示。

急制動はもう卒業しているハズである。何でいまさら??

ところが、やってみたらブレーキ・クラッチのタイミングが狂っている。
NG連続でひたすら急制動。(つごう8本くらいやった)

やっとOKが出て教官がコースの塔の上から検査するスタイルで1コース2周。
すごい緊張。

1周めは、途中で頭が真っ白になりコースを忘れ思い出すのにかなり長い停車。ただ自力で
思いだし完走。
��周めはすんなりいった。始めてである!!。ウインカ・確認など自分的には70点は
とれたと思った。

ウインカ・確認の動作は午前中に我が念仏2号にて団地内で特訓の成果があった。

課題は、下記の2点

 1.カーブではもっとゆっくり曲がる。その前に十分速度を落とす。
 2.スピードを出せるところはある程度出しメリハリをつける。


明日は二時間連続の危険予測の技能である。
ぼちぼち、検定2コースも覚えておこう。やっと光が見えてきた。かな?

0 件のコメント:

コメントを投稿